MENU

プロフィール

古川恵子
1981年生まれ、福島県会津地方出身、福島大学経済学部卒、都内在住、AB型の乙女座。

竜胆(りんどう)Webデザインは古川恵子の屋号です。2010年からフリーランスで活動しています。

ちなみに竜胆はリンドウと読みます。花の名前です。

2004年に新卒で神田の会社に就職。通信販売部に配属されて以降、東京で働いています。

自社通販サイトの運営管理、大手制作会社の制作、モバイルコンテンツ作成などの仕事を経て、2010年9月にフリーランスになりました。

ワードプレスは2011年ごろから本格的に仕事で使っています。2012年にはWordCampにスタッフとして参加しました。

自分で集客ができるようになるために

制作会社に作ってもらった綺麗なホームページでも、魂が入っておらず、人の気配が感じられないホームページでは、集客ができません。

人の気配が感じられれば、手作りのホームページでも集客できます。

自分を迷いなく表現すること、そのための試行錯誤が大切になってきます。

自分で精度を高めていくためのレッスン

伝わるホームページを作るためには、自分を見つめ直したり、お客様の反応を見たり状況をよく観察して、理解する必要があります。

そうすると、ホームページの、ここを変えてみたい、あそこを変えてみたい、というのが出てきます。

そんな時に、わざわざ制作会社に依頼せず、自分で思いついた時に作業ができると、変化のスピードが速くなります。

一度、自分で作った経験があると、ホームページへの理解が深まり、専門用語への抵抗も減るので、制作会社に制作を依頼するときのコミュニケーションにも役に立ちますよ。

進化の速度を速めるための制作

とはいえ、自分で最初から作るのは大変、という方のために制作プランもご用意しています。

ワードプレスの機能を使って、ブログを書いたり、プロフィールを手直ししたり、メニューの料金を変えたり・・・。完成後は自分でホームページを育てることができます。

完成後、一ヶ月のメールサポートもつくのでご安心ください。

最初は、必要最低限の情報をこちらで選んで、ホームページを作りますが、その後はどんどん、お客様ご自身で育てていただけます。

自分の6年半の経験から、6年ぐらいじゃ、フリーランスは、まだまだ定まりません

私が独立したのは20代後半で、人生も定まっていない年齢だったというのも、あるのかもしれませんが。

自分を商品にしていると、やはり、年齢や環境や、物の考え方など、変化していきますし、そうすると自然と商品の特徴も変わってきます。

そんな時、毎回、ホームページの制作や修正を依頼するとなると、小回りが効かないので、動きが遅くなります。

自分が思いついた時に、自分でホームページを変えていける技術は、少なくとも、ワードプレスの時代が終わる、5年後10年後、もしくはそれ以降まで使えます。

自分で成長していけること、使える技術を身につけることを、竜胆(りんどう)Webデザインでは重視しています。

屋号
竜胆Webデザイン
開業
2010年9月
業務内容
ホームページ制作、ホームページレッスン、WordPress組み込み、テーマ作成など
所在地
東京都渋谷区神宮前4-26-28(ドロップイン原宿内)
TEL
080-6554-3714
E-mail
info@rindouwebdesign.com