ブログ

ホームページ制作には補助金、助成金が使えます

ホームページ作成には、地方や団体のものなど、様々な補助金が用意されています。

2019年の東京23区の補助金について調べました。

東京都の補助金、助成金

中央区:平成31年度中小企業ホームページ作成費補助金

平成31年度中小企業ホームページ作成費補助金についてのお知らせ

中央区内の中小企業・個人事業主の方が新たにホームページを作成する場合、または既に開設しているホームページを変更する場合に使えます。

一般枠の限度額5万円、創業枠の限度額は6万円です。

港区:港区ホームページ作成補助金

ホームページ作成費用を補助します

港区内中小企業や商工団体等が新たに、初めてホームページを作成する場合、制作費用等の一部を区が補助します。リニューアルには使えません。

中小企業の限度額10万円、商工団体等の限度額は50万円です。

文京区:地域ブランド創出支援事業

地域ブランド創出支援事業

小売商業者などの地域グループ(商店会を除く)又はNPO法人が対象で、地域資源の魅力の情報発信に要する経費に使えます。

限度額30万円。

詳細は文京区 経済課までお問い合わせください。

台東区:外国語ホームページ新規作成費用支援 助成金

外国語ホームページ新規作成費用支援 助成金

台東区内の中小企業が、自社にとって初めての言語となる外国語のホームページを作成する場合に、経費の一部を助成します。

限度額10万円。制作費、翻訳費のそれぞれの限度額は5万円です。

墨田区:ワンモール・ワントライ作戦推進事業

ワンモール・ワントライ作戦推進事業

商店街関係者や専門家などによる実施検討委員会「スクラム会議」を編成し、一つの商店街(ワンモール)に一つの特色ある事業(ワントライ)を創出・実施するための補助金です。

限度額100万円。

江東区:ホームページ作成費補助

ホームページ作成費補助

区内の中小企業や商店等が、PRや販路拡大のため、初めてホームページを開設する場合の費用の一部を補助します。リニューアルには使えません。

中小企業の限度額は5万円、江東区中小企業団体名簿に登録されている団体の限度額は30万円です。

品川区:外国語版ホームページ作成経費助成

外国語版ホームページ作成経費助成

品川区内の中小企業が、新規に外国語版を作成し、翻訳等に要した経費、または、自動翻訳サービス等を利用し、自社のホームページ上で外国語表示させることに要した経費等の一部を助成します。

限度額10万円。

杉並区:商店街チャレンジ戦略支援事業助成(旧名称:新・元気を出せ!商店街事業助成)

商店街活性化のための制度

広く区内商店街の振興を図り、中小商業の経営の安定と発展、地域経済の活性化を図るため、商店街等からの提案によるイベント事業や活性化事業に対し、助成します。

限度額50万円。

豊島区:ホームページ作成支援

ホームページ作成支援

豊島区では、企業のPRや販路拡大を目的としたホームページを、新規で作成する区内中小企業者に対し、その経費の一部を補助します。

限度額50万円。

板橋区:町会・自治会に対するホームページ作成助成

町会・自治会に対するホームページ作成助成

町会・自治会が独自にホームページを開設するときにかかる経費(例:テキスト購入費、専門家による指導を受ける場合にかかる経費、ホームページ作成委託料)の一部を助成する事業です。

限度額12万円。

練馬区:ホームページ作成費補助金

ネリサポの補助金(31年度)

ホームページを開設していない練馬区内中小企業者および税法上の収益事業を営む個人・団体等を対象に、事業用ホームページ開設費用の一部を補助します。

限度額4万円。

葛飾区:ホームページ開設費等補助

ホームページ開設費等補助

葛飾区内の中小企業が業績向上を図るため、製品や技術等を広くPRする手段として、インターネットを活用したホームページを作成する場合に、その経費の一部を補助するものです。

限度額5万円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関わっているサイト

リアライズ
会津のリアルな情報発信サイト「リアライズ」の管理をしています。会津、東京のメンバーと運営しています。随時記者を募集しています。

あいづっぺでぃあ
リアライズのメンバーたちと運営している事業。若者、よそ者が、会津の商店に取材に行き、記事を作成します。2019年9月活動開始。

金鯰物語<塩川なまずの里の会>
会津地方の喜多方市塩川町に特化した情報発信サイト。塩川町在住の骨皮スジ夫さんと、私古川が運営しています。参加者募集中。