ブログ

Web集客に必要なのは覚悟

これは本当に、自戒を込めてなのですが、Web集客に必要なのは覚悟だと思います。

誰に何を売るか。

それが定まらないと、言葉が定まらないので、必要な人に、自分のサービスを届けることが出来ません。

誰に何を売るかが定まれば、〇〇さん、あなたが必要としている△△は、ここにありますよ。という発信ができます。

そうすることによって、「◯◯ △△」とういような検索で、情報を探している人から見つけてもらえます。

すごくシンプルなのですが、これが本当に難しいのです。

私のような個人事業主だと、その時の自分のステージや、時代によっても、商品もターゲットも、少しずつ変わってきます。

そこに合わせていく必要もあります。

農家の六次化というようなことを数年前に言われはじめて、農家も生産だけでなく、商売をしていく流れが出てきました。

その中で、抜きん出るには、商品を商品として完成させることが大事です。

これは誰に向けた、どんな特徴がある商品なのか、輪郭をはっきりさせなければいけません。

逆に、それさえできれば、売れるんですよね。

数年前にアメブロを使って、女性起業家としてお金を稼ぐ人が出てきたときに本当にそう思いました。

今までは、なんでも大量生産、大量消費の時代だったので、そういう商品しか、商品として価値がないと思ってしまいがちですが、本来、商売とはそういうものではないんだと思います。

自分たちの生活に必要な分を、生産して売るというスタイルで、十分であれば、大手の真似をする必要はありません。

ネットの時代の今は、お客様は全国どころか世界中にいます。

1億人とか60億人なんて、そんな量のお客様が必要な個人商店はなかなかないですよね。

そうであれば、誰に何を売る。ということだけ決めて、そこに注力すれば、必要な結果は出ます。

でも、本当に怖いのは、お客様が来て、自分の真価を問われることだと思います。

最近まで、私も、今までのやり方に限界を感じて、気持ちを閉ざしていました。

そうなるとやっぱり、言葉が迷走するのですよ。

覚悟を決めてやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関わっているサイト

リアライズ
会津のリアルな情報発信サイト「リアライズ」の管理をしています。会津、東京のメンバーと運営しています。随時記者を募集しています。

あいづっぺでぃあ
リアライズのメンバーたちと運営している事業。若者、よそ者が、会津の商店に取材に行き、記事を作成します。2019年9月活動開始。

金鯰物語<塩川なまずの里の会>
会津地方の喜多方市塩川町に特化した情報発信サイト。塩川町在住の骨皮スジ夫さんと、私古川が運営しています。参加者募集中。