9月も開催しました。この日は塩川のお祭りと重なったので、お祭りも楽しんできました。

塩川なまずの里の会の打ち合わせも行いました。

ゆるゆるな開催ですが、今年いっぱいは続けます。その後は、なにか別の形で続ける予定です。

View this post on Instagram

東若2019

A post shared by 恵子 古川 (@rindouwebdesign) on

翌日23日は、塩川町で、白虎隊唯一の生き残り、飯沼貞吉関連の石碑の除幕式があったので参加しました。

菅家一郎復興副大臣もいらしていました。前日まで会津まつりだったので、それもあっていらしていたのかもしれませんね。

白虎隊の飯沼貞吉だけでなく、戊辰戦争ころには斎藤一が一ヶ月ぐらい塩川にいたということで、観光資源としては素晴らしいなと思いました。

それもあって、塩川の歴史を学ぶ会を始めたいということを考え始めました。

今回は、滞在中に、会津若松市にあるICTビルのアイクトの中にあるコワーキングスペースに行ったり、また、今回も地元の30代の地元を背負っている皆様とお話させていただいたり、充実した時間を過ごすことが出来ました。

この記事を書いた人

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。 都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。会津地方で不定期に情報発信講座やグループレッスンも開講中。

ローカルメディアサミット2019に参加しました 写真撮影について