インターネットで商品を売るのはそんなに難しいことではありません。形のないサービスも、インターネットで売ることができます。

今回は、ホームページで商品を売るために必要なことについてご説明します。

ホームページで商品を売るために必要なこと

(1)特定商取引法にに基づく表示のページを作る

商品をネットで販売するときに、購入者が、安心して商品を購入するために必要なページです。

販売するあなたが、どこの誰なのか、またあなたへの連絡先や、購入の際のルールを書いておくページです。

同業者のホームページの「特定商取引法にに基づく表示のページ」の内容を真似して書きましょう。

テンプレートも世の中にはたくさん公開されていますので、そういったものも利用して、効率的にこのページを作りましょう。

特定商取引法に基づく表示テンプレート(ヤマトファイナンシャル株式会社提供)

(2)決済の手段を用意する

銀行やゆうちょの口座など、商売をしている人であれば一つはお持ちかと思います。

個人名義のものでもOKです。まずは、口座を用意しましょう。

口座が無い方は、PayPalなど、オンライン決済のサービスに登録すれば、すぐにお金を受け取る窓口が作れます。

クレジットカード決済を利用するならSquareを利用するのがオススメです。

店舗販売と同じようにクレジットカードの利用料がかかりますが、それ以外の費用はかかりません。

審査などはなく、誰でも簡単にアカウントを登録できて、すぐにお金を受け取れる状態になります。

Squareについては、こちらの記事もご参照ください。

WordPressとSquareの連携が、これからの小規模なネット通販にオススメ!

(3)商品を販売するためのページを作る

まず、安心していただきたいのですが、ショッピングカートを構築する必要はありません。

商品を販売するためのページには、以下のような内容を書いてください。

・商品の性質や特徴、スペック(食品の場合は原材料など)
・生産者の顔がわかる情報
・商品の値段
・送料
・注文からどれぐらいで届くのか
・決済方法
・注文の方法
・連絡先

(4)注文を受け付ける窓口を作る

メールフォームを用意できる方は、メールフォームを作ると便利です。

フォームに必要な項目は以下です。

・名前
・メールアドレス
・電話番号
・何がどれぐらい欲しいかを記入できる備考欄

あとは、注文が入ってから、お客様とやりとりして、必要な情報を聞いてください。

フォームに以下のような項目もあると、話が早いですが、項目を増やしすぎると、お客様が入力に挫ける可能性があるので、なくても大丈夫です。

・商品を届ける先の住所
・ご希望の決済方法(前払い、着払い、カード決済、銀行振込など)

電話に慣れている方は、電話でもいいですし、FAXで注文してもらうのでもいいと思います。メールアドレスを載せておくだけでもOKです。

ちょっと頑張れる人は、フォームズを使うといいと思います。

ここで必要なことは、お客様に連絡してもらうことだけです。ここから直接やりとりして、信頼関係を築きながら、売買を成立させましょう。

できるような気がしてきたでしょうか?

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。 都内でウェブ制作を行っています。福島県の会津地方でも活動しています。

制作のご相談はお気軽にご連絡ください。随時相談会を開催しています。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お気軽にお問い合わせください

制作のご質問やご質問など、まずはお問い合わせください。