これまで数百万円分はネットで物を売って来た私が、ネットで物を売るためのノウハウを書きます。

ちなみに私が一番売ったのは、ワードプレス個人レッスン1時間1万円という、目に見えない商品です。

売り時期を逃して困っていた果物を急遽、売らせていただいた時も結構売れました。

試食できない、触って物を確かめられない、セールストークができないネット販売で必要なのは想像力

ネットで物を売る時に必要なことは、お客様に、その商品を手にした自分を想像してもらうことです。

例えば、ネットでは詐欺商材がよく売れますが、こういった物が売れるのは、お金持ちになった自分を想像させるランディングページが用意されているからです。

これはいい例えではありませんが、つまり、商品を手にして、何らかの幸福感を感じている自分をお客様に想像してもらえた時に、物は売れます。

幸福感を感じて、買いたい、と思った時に、すぐにお客様がアクションをとれるように連絡先がわかりやすくしておくことも大切です。

余裕がある方はフォームを用意しましょう。フォームズがおすすめです。

あとは、こちらの記事もご参照ください。

インターネットで商品を販売する方法

想像してもらうために必要なストーリー

なお、ストーリーですが、苦労話とか、愚痴ではないので、そこは気をつけてください。

ストーリーとは、例えば、洋梨なら、洋梨のストーリーです。

この洋梨君は、どんな気候風土のどこ出身で、どういう人に育てられたのか、そして、どんな性格をしているか、ということです。

自分の商品の生い立ちを箇条書きで書いてみましょう。

・一年間の寒暖差、一日の寒暖差の激しい会津出身
・寒暖差が激しい場所出身なので糖度が高い
・生産者は会津出身の頑固で誠実な農家
・毎日、一つ一つ丁寧に消毒を行う

などなど、これだけでストーリーが出来上がります。

もし素材があれば、苗の段階、蕾の段階、実った段階、収穫後の段階の写真を載せられるとなおよしです。

短期的には、この情報だけあればOKです。あとは、値段ですね。値段は、しっかり他のサイトを調べてから値付けしましょう。

地元向けに売るのではないので、安ければ売れる物でもありません。

特に、商品にこだわりがあって、自信があるなら、百貨店のサイトの値段を参考にして値付けするのをお勧めします。

すぐに反応が出なくても挫けない心

すぐに結果が出ればいいですが、まず、そうはいかないと思っておいていただいたほうが、いいと思います。

すぐ結果が出る場合もありますし、今の、みんながなんとかしないと、応援しないと、と、思っているタイミングで、SNSを有効活用できれば、すぐに結果が出ることもあると思いますが、それはラッキーな場合です。

あとは淡々と、発信を続けてください。農家や、製造業の場合、製造過程、生産過程を、淡々と、毎日、写真にとってインスタに上げるので十分です。

無料でできるし、高度な技術がいることでもありませんが、続けるということが、意外とできないものだと思います。

そこができて、商品に対する信念さえあれば、1ヶ月ぐらいで、何かしらの展開が出てくると思います。

もし、それで出ない場合は、やり方を間違っているので、もう少し工夫してみてください。

どう工夫すればいいかというと、うまくいっていそうな、ネットで目立つ同業者のやり方を徹底的に真似してください。

きっとうまく行くので、頑張ってみてください。

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京都豊島区在住。 都内を拠点にフリーランスでホームページ制作を行っています。

ここ数年、情報発信のいろいろな活動をしてきており、そろそろフリーランスから法人にステップアップしたいという野望を持っています。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お気軽にお問い合わせください

制作のご質問やご質問など、まずはお問い合わせください。

個人事業主が自分で出来るSEO