起業、開業時のホームページ作成でお悩みではありませんか?

まず、ホームページを作るかどうか、そして、自分で作るか、人に頼むか、ソフトはWordPressか、Wixか、Jimdo、グーぺ、アメーバオウンド、Weebly、グーグルマイビジネスのホームページ作成機能・・・。

選択肢はたくさんあります。

コストの面と、「情報を誰が管理するのか」の面でWordPressがオススメ

WordPressをオススメする理由は2つあります。

ワードプレスは低コストで運用できる

一つは、コスト面です。WordPressは、月額500円程度のレンタルサーバー費用と、独自ドメイン(URL)の管理料、年額1,500円程度で運用することができます。

他のサービスは、無料で使うこともできますが、ビジネスで使うとなると、グレードアップが必要になり、それなりに料金がかかるものが多いです。

ワードプレスだと、自分でデータの管理ができる

二つ目の理由は、ホームページのデータを誰が管理するのかという面です。

レンタルサーバーを借りてインストールするタイプのWordPressであれば、ホームページの全ての情報を、自分で管理することができます。

一方、簡単にホームページが作れるサービスの多くは、全ての情報をサービス側に預けることになります。

つまり、ホームページを削除したり、部分的に非表示にしたり、ということが、運営側の都合で出来るということです。

せっかくアクセス数が増えて、育ってきたホームページが突然消されてしまうリスクがゼロではないということになります。

自分で作るべきか、プロに頼むべきか

ビジネスのどの段階でホームページを作るかなど、人によるので、一概には言えませんが、人に頼んだほうが、時間を無駄にしないし、お金の面でも、いいと思います。

私自身、ワードプレス講師として、約200人のお客様に個人レッスンをさせていただきましたが、やはり、いろいろと限界を感じることはありました。

ツールの操作だけなら、出来るようになりますが、集客するためのホームページで必要なのは、情報設計です。集客するために載せておくべき情報を、整理して適切な場所に配置するためには、プロに頼んだほうが良いと思います。

もしまだ、事業の内容が固まっていないのであれば、そのときは、試行錯誤するためにも、自分で作るのも悪くないと思います。

その場合は、ワードプレスだと、内容よりも技術面で考えなければいけないことが多くなるので、Wixなどを使ったほうが良いかもしれません。

ただし、ブログは最初からWordPressで書くか、情報をエクスポートできるブログサービスを使うのがオススメです。

いずれにしても、最終的には、プロに頼むことをオススメします。

この記事を書いた人

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。 都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。会津地方で不定期に情報発信講座やグループレッスンも開講中。

ホームページ作成の補助金を受けるには商工会、商工会議所に入るとスムーズです ホームページと組み合わせて使える予約機能、フォームサービス