MENU

20. ワードプレスにアクセス解析(グーグルアナリティクス)を入れましょう

グーグルアナリティクスは、プロも使う多機能のアクセス解析ツールです。

ちなみに、Jetpack by WordPress.comプラグインを入れていれば、グーグルアナリティクスを入れなくても、簡単なアクセス解析が使えます。

01

グーグルのIDでグーグルアナリティクスを設定する

まずはワードプレスではなく、グーグルアナリティクスの設定をします。

グーグルにログインした状態で、「アナリティクス」と検索してください。

01

「アカウントを作成」ボタンを押します。

01

「お申し込み」ボタンを押します。(「お申し込み」より、「設定」か「利用開始」という日本語が適切です。時間がかかるというようなことはありませんし、個人情報を入力するなどもありません。)

01

サイトの情報を入力し、最後に「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。URL以外は、管理しやすい名前でOKです。「レポートのタイムゾーン」は日本に設定してください。

01

利用規約に同意して、サイトの登録が終わると、このような画面が表示されます。

01

これでグーグルアナリティクス側の設定は終了です。

ワードプレスにGoogle Analyticatorプラグインをインストール

ワードプレスにグーグルアナリティクスを設置するプラグインはたくさんありますが、私のオススメは、Google Analyticatorです。

理由は、ユーザー数が多く、開発が続いていて(最終更新をチェック)、設置が簡単だからです。

メニューの「プラグイン > 新規追加」でページを開き、Google Analyticatorを検索します。「今すぐインストール」ボタンを押します。

01

「プラグインを有効化」します。

01

メニューに「Google Analytics」ができていますので、クリックしてページを開きます。

01

「Click Here」を押します。

01

別ウィンドウが立ち上がりますので、「許可」ボタンを押します。

別ウィンドウが立ち上がらない場合は、ポップアップがブロックされています。各ブラウザの設定に従って、ポップアップを許可してください。(「ポップアップ 許可」で検索すると、許可の方法が出てきます。)

01

コードをコピーします。

01

コピーしたコードを赤枠に貼り付け、「Save & Continue」ボタンを押します。

01

ページが切り替わるので、設定を行います。

01
(1)Enabledを選択します。
(2)先ほど、グーグルアナリティクスで設定した名前が選択されているのを確認します。
他はそのままでOKです。

最後に「Save Changes」ボタンを押します。

以上でプラグインの設定は終わりです。

アナリティクスを見る

設定の翌日になったら、データが反映されているか確認しましょう。

グーグルにログインした状態で、「アナリティクス」と検索してください。

01

ログインをクリックします。

01

あとは、自分で色々と見てみてください。

時間ごと、地域ごと、スマホとパソコンのどちらで見られているかなど、色々と見ることができます。設定を有効化すると、ユーザーの年齢や性別も見られるようになります。

コメントを残す

*