自分で更新できるホームページにこだわる理由

リンドウのホームページ制作は、納品後はご自身で更新できることを前提に作成を行っています。

編集画面

公開ページ

なぜ自分で更新できることが重要なのか

今の時代、ホームページを作っただけでは、見つけてもらうことさえ困難です。

お金をかけて綺麗に作ったとしても、見てもらえなければ意味がありません。

せっかく作っても、それだけでは、見てもらえない状況に放置されてしまうのが、今の時代のホームページの現実です。

ホームページを作ったら、見てもらう努力をする必要があります。

ホームページは公開してからがスタートなのです。

ホームページを見てもらうために必要な努力

SEO対策、MEO対策、SNSの更新などが必要な努力として挙げられます。

SEO対策は、グーグル検索で見つけてもらうために、検索上位に自分のホームページが来るようにする対策です。

MEO対策は、Google マップで見つけてもらうための努力です。こちらはグーグルマイビジネスというサービスに登録して行います。

SNSの更新は、TwitterやインスタグラムやFacebookなどに記事をアップしていくことになります。

あとは、ホームページをしっかり作り込んであるのであれば、広告を出して、一気に集客するというのも有効な努力と言いますか、対策です。

ローマは一日にして成らず

商売をしていて、集客が必要なのであれば、上にあげたことは全部やったほうがいいと思います。

でも、そればっかりやっていられませんよね。

この中で、一度、軌道に乗れば、あとはしばらく放置しておいても効果を発揮し続けてくれるのがSEO対策です。

お客様にとって必要な情報を提供することで、見つけてもらえるようになって、ようやく、ホームページは力を発揮するようになります。

地道にブログを書く、発信を続ける、ホームページからの集客はその先にあります。

ホームページのタイトルやキャッチフレーズがSEO対策には大切

商売をされているのであれば、必ず提供できる情報があると思います。

文章は、最初は、下手くそでいいので、まずは発信してください。

しばらくすると、慣れて来ます。すると昔書いた文章のアラが目立って来ます。

そうしたら、文章を書き直しましょう。お客様に読みやすい文章を提供できるだけでなく、文章を書き直すこと(リライト)はSEO対策という点でも有効なテクニックです。

ここで、これは事前に準備しておく必要がありますが、グーグルアナリティクスとサーチコンソールを導入しておくことで、ホームページが客観的にどう見られているかを知ることができます。

サーチコンソールを確認することで、例えば、「〇〇町 コワーキングスペース」で自分のホームページが検索の何位にいるかを知ることができます。

また、1日に何回表示されていて、そのうちに何回クリックされているかを知ることができます。

検索ページで表示されているけど、クリックしてホームページを見てもらうことができていない場合、タイトルをより魅力的にすればいいなど、解決方法が見えて来ます。

こういったデータがわかってくると、ブログ記事、ホームページのトップページ、メニューページ、サービス紹介ページと、いろいろと直したくなって来ます。

そういった時に、自分で何度でも直せるように、自分でホームページを編集しやすくホームページを作成しています。

自分でできる、簡単で効果があるSEO対策についての記事はこちら

PDCAサイクルを回すことで集客できるホームページに

ホームページは半年に一度は見直しをしたほうがいいと思います。

しかし、その度に業者にまとまったお金を払うことが現実的でない場合もあると思います。

また、ホームページを作っても、そのあと、客観的に自分を知ることで、考えが変わることもあると思います。

とにかく、ホームページは作ってからが勝負です。公開してみないことには見えてこないもののほうが多いです。

リニューアルはプロに頼むとしても、細かい文字の修正や運用は、自分たちで工夫してできるように、小規模なホームページを作成しています。

ご相談だけでもお気軽にお声がけください。

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。 都内でウェブ制作を行っています。福島県の会津地方でも活動しています。

制作のご相談はお気軽にご連絡ください。随時相談会を開催しています。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【3分の2補助】補助金を使ったホームページ制作もお気軽にご相談ください ホームページ制作相談会を随時開催しています