ホームページを自分で作る方は多いかと思います。

自分でホームページを作るために、ワードプレスはもちろん、Wix、Jimdo、アメーバオウンド、ペライチ、STUDIO、Webflowなど、様々なツールが用意さています。

ですが、商売を目的とした、集客のためのホームページであれば、自分で作るより、プロにお願いすることをお勧めします。

私自身、ワードプレス講師として、ホームページの作り方を教えていた時期がありますが、その経験を踏まえて、今は、ビジネス用のホームページは、プロに依頼した方がいいと考えています。

情報の配置やお申し込みまでの導線など設計が大事

初めて自分でホームページを作るとき、おそらく多くの人は、ホームページの作り方を覚えるところからスタートすることになります。

ホームページの作り方を覚えるところで試行錯誤するので、そこでエネルギーを使ってしまい、情報の配置やお申し込みまでの導線といった、お客様にとって重要な部分が手薄になってしまうことがあります。

結果として、あるべきところに必要な情報がない、分かりにくいホームページになってしまう可能性が高くなります。

一方で、プロにお願いすれば、使い方を覚える労力がかからないので、原稿の作成に力を入れることができます。

プロが情報を整理するので、必要な情報が適切な場所に配置され、ホームページを訪れたお客様が迷うことなく、お申し込みなどのアクションを起こしやすくなります。

検索エンジンで上位に上がりやすいホームページができる(場合がある)

制作会社であっても、SEO対策にはあまり意識が向いていない会社はあります。

ですので、必ずしも、プロに頼んだら検索エンジンで上位に上がりやすいものになるかというと、必ずそうとは言えません。

しかし、それでもプロの方が、SEOの知識を持っている場合が多いですし、先に書いたように、適切な位置に適切な情報を配置し、リンクをはることがSEO対策になるので、プロが作った方が、SEOという点でも有利なものになりやすいです。

ホームページの見出し一つ、リンクの張り方ひとつが、SEO対策には必要です。

ホームページを自分で作ることにとらわれていると、なかなか気が回らない部分に、SEO対策に必要なポイントかが隠れています。

客観的にキーワードを洗い出すためにも、誰かに自分の仕事を客観的に見てもらいながら、作業を進めることが、ホームページからの集客につながります。

また、例えばワードプレスでホームページを作る場合、SEO対策に必要な機能は用意されていますが、機能の使い方を理解できるでしょうか?

機能を入れることはできたけれども、その機能を使いこなしていないという状況もよく見かけます。

プロに制作を依頼し、SEOの機能の使い方を教えてもらえば、その後、自分でブログを書いてSEO対策をするときにも、より、有効な対策をすることができるようになります。

印象の問題

今では、ビジネスをするときにホームページを持つことが当たり前になっています。

その中で、明らかに自分で作った、多少レイアウトが崩れたホームページを持っていることは、折れた名刺を差し出すのと同じぐらい、いい印象を与えないものだと思います。

ホームページを作るためのツールは、外国製のものが多いので、アルファベットで文字を入れたときにきれいに表示されるように設計されています。

そこに日本語を入れると、それだけで、違和感のあるものになってしまうということはよくあります。

ワードプレスであれば、日本人が日本向けに開発したテーマが用意されていますが、そういったテーマも、ある程度の知識を前提に作られていたりします。

そういったこともあり、テーマ(テンプレート)を使ったとしても、初心者がホームページをきれいに作れるのは、相当なセンスの持ち主でなければ難しいです。

中には、天才的な方がいて、自分できれいなホームページを作れる場合もありますが、基本的には、プロに依頼することをお勧めします。

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京都豊島区在住。 都内を拠点にフリーランスでホームページ制作を行っています。

ここ数年、情報発信のいろいろな活動をしてきており、そろそろフリーランスから法人にステップアップしたいという野望を持っています。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

お気軽にお問い合わせください

制作のご質問やご質問など、まずはお問い合わせください。

個人事業主が自分で出来るSEO