2021年5月WordPressに緊急の脆弱性、そしてその対応方法

投稿:2021年5月20日更新:2021年5月20日WordPress

ワードプレスに緊急の脆弱性が存在することが発表されました。

https://news.mynavi.jp/article/20210514-1888237/

WordPress 3.7から5.7.1までのバージョンに脆弱性があり、脆弱性の対応がされたバージョンはWordPress 5.7.2とのことです。

つまり、WordPress 5.7.2にバージョンアップすれば、この脆弱性はなくなります。

ここ2年以内にワードプレスのホームページを持った人は、最新版にバージョンアップしてしまって、ほぼほぼ問題ないと思います。

ただ念のため、制作会社さんなどで作ってもらった場合は、制作会社さんにご相談頂くことをおすすめします。

問題は、3.7のワードプレスを使っている場合ですね。

WordPress 3.7がリリースされたのが2013年です。この時代の、ワードプレスを裏側で支えているシステムであるPHPは、5.x系です。

2021年5月現在、PHPの主流は、7.x系です。8.x系もリリースされています。

PHPに関しては、レンタルサーバー会社が、勝手にバージョンを上げている場合もあるので、もしかしたら大丈夫かも知れませんが、WordPress 3.7を使っている場合、最新のWordPress 5.7.2にバージョンアップできない環境もあるはずです。

そして、PHPのバージョン以外の要素も絡んでくるので、WordPress 3.7からWordPress 5.7.2にバージョンアップすると、ホームページにエラーが出る可能性も少なからずあります。

全体的によく分からない内容だと思いますので、不安な方はご相談ください。対応についてご提案、お見積もりをさせて頂きます。

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京都豊島区在住。 都内を拠点にフリーランスでホームページ制作を行っています。

ここ数年、情報発信のいろいろな活動をしてきており、そろそろフリーランスから法人にステップアップしたいという野望を持っています。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

一般社団法人 塩川なまずの里の会の理事になりました 気軽に相談できる町のホームページ屋さんを目指して

お問い合わせはこちら

お仕事のご依頼・ご相談など、
お気軽にご連絡ください。