『会津移住女子プロジェクト』キックオフミーティングに参加しました

投稿:2021年7月19日更新:2021年7月19日フリーランス日記

昨日は、会津の会場と、東京や神戸などの参加者をZoomでつないでの、『会津移住女子プロジェクト』キックオフミーティングに参加しました。

私は東京からZoomで参加しました。

例によって会津若松市のとある女性にお声がけ頂いての参加でした。

概要はこちら
■ プログラム
・プロジェクト概要説明
・スタッフ紹介
・もやもやアウトプット交流会
※オンラインの方は、各自、お好きなお酒やドリンク(食事もOK!)をご準備いただき、飲みながら&食べながらお話しましょう!
■ ファシリテーター 大宮美咲さん
(福島市在住、元ふるさと回帰支援センター福島県担当相談員)
==========
■ 会津移住女子プロジェクトとは
様々な理由でUターン、Iターンしてきたけれど、思ったより寂しい…なんか物足りない、どうも馴染めない気がしている…昔の友達はみんな子育てで忙しい…実家暮らしが窮屈…結婚しろと言われる…もう、こんなはずじゃなかったのに!など、都会の暮らしとのギャップや、想定外のモヤモヤを抱え悩んでいる同じ立場の女子たちで、語り合い、もう一度「自分らしく生きる」を目指すプロジェクトです。
2021年、会津を始め、福島県内にUターンした30代の女性を中心に、立ち上がったプロジェクト。一人一人の「やりたい!」を実現することが目標。田舎じゃこんなこと無理だろう、ここじゃこんなことできないよ、なんて諦めを脱却し、プロジェクトのみんなで実現することを目指します。
■ 主催 
会津移住女子プロジェクト(NPO法人環境地域文化エナジー)

https://www.facebook.com/events/253271433234478

東京の有楽町に、ふるさと回帰支援センターというところがあり、そこの元職員で、今は地元の福島市に戻って活動している大宮さんがファシリテーターを務めました。

そのほか、現在もふるさと回帰支援センターで働いている方も何名か参加し、会津地方の移住コーディネーターも参加するなど、さすが、M屋さんという、豪華なメンバーでした。

会津地方も、震災後からの、いや、それ以前からかもしれませんが、これまで、地元の方たちがこつこつと積み重ねてきたものが、いよいよ開花の時期を迎えているような気がしています。

それをFacebookなどで見ていて、私は東京にいていいんだろうかという気がしています。

私が会津で関わっている情報発信事業も、今が勝負の時のような気がします。

この、会津の上昇気流に乗れるかどうか、というのは、あるような気がしていて、いろいろ悩んでいます。

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京都豊島区在住。 都内を拠点にフリーランスでホームページ制作を行っています。

ここ数年、情報発信のいろいろな活動をしてきており、そろそろフリーランスから法人にステップアップしたいという野望を持っています。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

会津での2つのプロジェクトの現在 ■第1回 としまビジサポセミナー■に参加しました

お問い合わせはこちら

お仕事のご依頼・ご相談など、
お気軽にご連絡ください。