MENU

初心者向け!ワードプレスを使ったホームページの作り方マニュアル【保存版】

ワードプレスを使ってホームページを作るためには、たくさんの手順がありますが、一つ一つの作業はそんなに大変なものではありません。

簡単インストールの機能が有名どころのレンタルサーバーにはついているので、インストールまでは本当に簡単です。

初心者が自分でレンタルサーバーを契約するところから、ワードプレスをカスタマイズしていくまでの手順をご説明します。

まずはレンタルサーバーをレンタルし、ドメインを契約します

サーバーは、ホームページ(ワードプレス)という家を建てる土地、ドメイン(rindouwebdesign.comなど)は住所に例えられます。

現実世界でも、私書箱や、バーチャルオフィスがあるように、住所は自由に設定することができます。

まずは、サーバーとドメインを借りてください。

1. ホームページのサーバーとドメインを契約しましょう

自宅以外の住所を使うとき、バーチャルオフィスの契約が必要なように、サーバーとドメインには、紐付けが必要です。

2. ロリポップのサーバーにドメインを設定しましょう

エックスサーバーを使うときの手順はこちら

エックスサーバーを契約してワードプレスをインストールする

メールアドレスも使えるようになります

レンタルサーバーとドメインの二つを揃えて、ホームページを公開するための環境を整えると、自動的に、オリジナルのメールアドレスも使えるようになります。

例)
info@rindouwebdesign.com
furukawa@rindouwebdesign.com

複数のメールアドレスを追加料金なしで作れます。

8. メールアドレスの設定

エックスサーバーを使うときの手順はこちら
エックスサーバーで契約したドメインでメールアドレスを作る

ワードプレスをインストールします

簡単インストールを使って、ワードプレスをインストールします。

契約の時と同じように、必要な項目を入力していくだけで、作業が終わります。

詳しい方法はこちらのページをご覧ください。

3. ロリポップの簡単インストールでワードプレスをインストールしましょう

インストールした時点でホームページが公開されます。

ただし、ワードプレスをインストールしただけでは、誰かが見つけてくれる可能性は限りなく0なので、文章を入れるまでは、実質的に非公開といえます。

非公開の状態で制作を進めたい方は、メンテナンスモードプラグインなどをご利用ください。

ホームページの枠組みを作ります

ワードプレスをインストールすると、自動的にホームページが公開されるのですが、この段階だと、中身が、サンプルページしかありません。

ページを作ったり、ブログを書いて、ホームページを完成させます。

基本設定

4. ワードプレスの基本的な設定をしましょう

ホームページのタイトルと説明文の入力の仕方、ホームページのURLの形式を決めるなど、最初の設定をします。

ここはSEOの基本にもなる部分なので、まずはこの作業をすることをおすすめします。

デザイン設定

ワードプレスのデザインを設定します。

どんなテンプレートがあるかは、こちらの記事でご紹介していますので、参考にしてください。

設定の手順は以下のページをご覧ください。

5. ワードプレスのデザインを変えましょう(テーマの設定)

テーマごとの細かい設定方法は「無料テーマで作るワードプレスのホームページ」も参照ください。

サイドバーの設定

デザインを変えたら、ページを作っていく前に、サイドバーに、共通の項目を入れましょう。サイドバーは「ウィジェット」から変更する、と覚えてください。

6. ブログのサイドバーを変更しましょう(ワードプレス)

ヘッダー画像の設定

ヘッダー画像を設定すると一気にホームページらしくなります。

18. ワードプレスにヘッダー画像を設定しましょう

ホームページの中身を作ります

ホームページの会社概要、メニュー、所在地、お問い合わせなどは「固定ページ」で作るのをおすすめします。

投稿と固定ページ

ワードプレスには記事を投稿できる機能が2つあります。ひとつが、ブログを書くための「投稿」、もうひとつが、ホームページのページを作るための「固定ページ」です。

固定ページを作る方法は、こちらのページをご覧ください。

17. ワードプレスをホームページとして使いましょう

基本的な使い方は、投稿と一緒ですので、特別難しいことはありません。ブログを書く感覚でページを作ることができます。

複雑なレイアウトを簡単に実現する

文章を入れて、画像を配置するだけでも、十分に情報は伝わりますが、凝ったレイアウトにしたい時は、プラグインの力を借りましょう。

21. Page Builder by SiteOriginで複雑なレイアウトを実現する

お問い合わせフォームの設置

固定ページには、お問い合わせフォームを設置することもできます。(記事にも設置できます。)

この記事ではJetpackというプラグインを使った方法をご説明しています。初心者には一番おすすめのフォームプラグインです。

10. お問い合わせフォームをつけましょう(Jetpack)

グローバルナビの設置

「固定ページ」でページを作ったら、グローバルナビを付けましょう。

ワードプレスの機能を使ってメニューを作りましょう。

19. ワードプレスにメニューバーを設定しましょう

これで一通り完成となります。

アクセス数を上げるためにブログを書きます

ホームページは作っただけではなかなかアクセス数が上がりません。せっかく作ったホームページですので、ワードプレスの「投稿」の機能を使ってブログを書きましょう。

毎日更新したり、日常的な記事をアップする必要はありません。

どちらかというと、専門的な内容を3000文字を意識して書くと、良い結果が得られます。あとは、クリックしたくなるタイトルも大切ですね。

キーワードを決めてブログを書く

どういう方向性でブログを書いたら良いか分からない時は、goodkeywordなどのツールが便利です。

例えば、「アロマ」というキーワードを入れてみると、「アロマオイル おすすめ」「アロマオイル 使い方」などのキーワードがよく検索されていることがわかります。

ですので、それに沿った話題の記事を書くといいかもしれないと、一つの方向性が定まります。

アクセスデータを集めて分析する

アクセス解析をするために、グーグルアナリティクスを導入することをおすすめします。

20. ワードプレスにアクセス解析(グーグルアナリティクス)を入れましょう

グーグルアナリティクスがよくわからない場合はJetpackでも十分です。

私は両方入れてますが、日々チェックしているのはJetpackのアクセス解析です。

ワードプレスのアクセス解析はJetpackがオススメ

効率よく作業を進めたい時は

レッスンをご利用ください。完成までサポートします。

作業は全てお客様ご自身で行っていただくので、作りながらワードプレスを覚えることができます。

マンツーマンWordPressレッスン

コメントを残す

*