MENU

全てのメニューは男性にもご利用いただけます

2016.9.2 トピックス

ここ2年ぐらい女性起業家様向けと謳ってきました

9月でフリーランス7年目に入った私ですが、この2年ぐらい、女性向け、ということを意識してきました。

というのは、女性起業家が流行ってきたことがあったからです。

そして私も女性だから、女性起業家ブームに乗ろうと思いました。

ということで、アメブロを書き、女子会に出て、女性向けの活動をしていました。

その前は、男性と仕事をする機会のほうが多かったので、大きく舵を切ったのでした。

女性向けという制限を取っ払うことにしました

ここ数日、女性起業家という枠を設けないほうがいいのではなかろうかと、私は悩んでいました。

そして、背中を押してくれるようなきっかけがあったので、男性もターゲットにすることにしました。

今年に入ってからも、男性との仕事もしていましたしね。そしてそれは、私にとって自信になったいい仕事でした。

なのに、女性限定、と、自分に制限を設けていて、苦しくなってきていたのは一つの事実でした。

仕事で婚活すること、長女の発想で背負うことはやめます

女性限定にした理由の一つは、やはり、私が女性である以上、男性との仕事、ということに、やはり少し、やりにくさを感じていた部分はありました。

その理由を考えた時、どこかで、私は、お客様を異性として捉えていたのではと思いました。

本能はあるので、事故やトラブルを防ぐためにも男性と女性は違うということを意識することは大切だと思うのですが、期待したり査定したり、というのがどこかにあったかなと思います。

それをやめることにしました。

あと、必要以上に背負いこんでしまうことで苦しくなる、というのが、男性との仕事だとあったので、それも、もう、やめることにします。

男性との仕事は楽しい

なんだかんだ、男性との仕事は楽しいです。

今までのいろいろな仕事を思い出しても、背負いこんでしまって苦しくなったりはしましたが、ダイナミックな仕事が多かったなあと思います。

それは、私にとって、ワクワクして楽しいことでした。

背負いこむのは、お互いのためにならないので、レッスンや制作で、部分的に関わる、というのはいい距離感かもしれないと思います。

男性のお客様からのお申し込みもお待ちしております。

コメントを残す

*