【読書】マンガでわかる 知的財産の新常識 (スッキリわかる!)

西新宿の角筈図書館で見つけた、2018年6月に発売された、マンガでわかる 知的財産の新常識 (スッキリわかる!)を読みました。

SNSのお作法がわかる

写真に写り込んだ知らない人の顔は、画像加工ツールでぼかす必要があります。

マナーとしてもそうですし、法的にもそうするのが安全です。

料理の写真も、場合によっては著作権侵害になる場合があるのだとか。でも、宣伝になるからと、見逃される場合も多いそうです。

SNSに写真をアップしたことがある人で、完全に法に触れたことがない人って、逆に、いないのでは、というぐらいいろいろ書いてありました。

ただ、そういうものの中には、お店の宣伝になるなどの理由で、あえて見逃される場合も多い、ということが、この本には書いてあります。

実際に即したことが書いてあります。

ちなみに、昨日のブログで、本の表紙の写真をアップしたのですが、これもアウトでした。(修正しました。)

このことは、今回の本には書いてなくて、宣伝になるからOKぐらいのニュアンスさえ感じられたのですが、本の表紙を写真にアップすることは違法になるようです。

このように、アマゾンのリンクを貼るなど、なにかの仕組みを使って画像を表示させるのが安全な方法のようです。

動画編集のお作法がわかる

音楽の著作権についても書いてあります。

自分が買ったCDを、お店で流すのは違法だそうです。

その他、結婚式場で音楽を使うときのお作法なども理解できます。

うっかりやっていまいそうなことがアウトだったりします。

同人活動のお作法がわかる

同人誌というのも、本当は、違法なんだそうです。

ただ、忖度というか、業界をもりあげるとかそういう文脈で見逃されているのだとか。

これについては、ちょうど、最近、こんな動きもあったようです。

すごく読みやすくてわかりやすい本です

本の中身を写真にとってアップするのも違法なので、それはできませんが、半分はマンガになっています。

文章も、普通の本のように上から下まで1行で文が書かれておらず、雑誌のようなレイアウトになっているので、とても読みやすく理解しやすいです。

これだけ知っておけばとりあえずOK。という感じの情報を、幅広く知ることができます。

この記事を書いた人

古川恵子

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。
都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。また、出身地である福島県にワードプレスを普及させるために活動しています。