ワードプレスで無料でメルマガを発行できるプラグイン「MailPoet Newsletters」と、これについての私の考え方

前置きが長くなるので、MailPoet Newslettersについて知りたい人は、「MailPoet Newsletters」で検索してください。情報は出揃っています。

ところで、ワードプレスは、基本的にブログを書いたり、ホームページを作るためのシステムですが、プラグインを使えば、いろいろな機能を追加することができます。

ワードプレスでできること

プラグインを使うことで、無料で、かなりいろいろなことができます。

MailPoet Newslettersもその一つで、無料でメルマガが発行できるプラグインです。

ワードプレスでこんなことができます

  • メルマガ発行
  • 予約カレンダー
  • ショッピングサイト構築
  • 会員制サイト構築

ところで、私の肩書きと考え方

私の今の肩書きは、自分でつけた、WordPressインストラクターです。

しかし、少し前までは、Webデザイナーという肩書きで、WordPressの組み込みなどを主な仕事としていました。

やっていることは、デザイナーでもないのですが、Webデザイナーの仕事の範囲は、果てしなく広いのです。

エンジニアではないのに、プラグインの改造までやっていました。

しかし、大切なことは、私はエンジニアではないということです。

そこそこできるし、ワードプレスは、そんな感じでも、動くのですが、何かあった時に、対応できるのかなあ、と、思いながら仕事をしていました。

全部をワードプレスでやろうとしない

そして、私がたどり着いた結論がこれです。ワードプレスは、ブログを書くためのものなので、そこに止めるのがベストだと思っています。

特に、ショッピングサイトはそうです。お客様の個人情報を預かることになりますし、それ用に開発されたものを使うのが、安全性、クオリティ共に良いものになると感じています。

メルマガも、予約カレンダーも同じことです。

なんでもできると言っても、全部を、ブログと同じデータベースを使って動かすことになるので、何かあった時に、ブログも、メルマガも、予約カレンダーも、共倒れになってしまう危険性があります。

その辺りのことは、こちらのブログがわかりやすいです。

ワードプレスでメルマガ簡単実現のプラグイン決定版 MailPoet Newsletters (Wysija)

だから、ワードプレスはブログやホームページだけに使う、という考え方になりました。

例外はお問い合わせフォームだけです。

しかし、プラグインは進化していました

MailPoet Newslettersを少し試してみる機会があったのですが、なかなか便利かもしれないなと思いました。

使うなら、上記のブログをよく読んでからをお勧めするのと、この記事が2014年に書かれたという点にも留意は必要ですが、私の仕事の規模なら、MailPoet Newslettersで十分かなと思いました。

読者が500人にもなるなんてことはなさそうですし。

メルマガ配信専用のWordPressをインストールして、ブログとは分けて使えば、リスクも分散できますしね。

Pinpoint Booking Systemというカレンダープラグインも試しています

私は、今は、個人レッスンを主な仕事にしているのですが、私のサイトは、どこを見ても個人レッスンのスケジュールが確認できない現状です。

それでも、申し込んでくださる方はいますが、まあ、不親切ですよね。

それで、予約できる日が一目でわかるカレンダーを入れようと、ワードプレス以外のサービスを色々探しました。でも、お金をかけずにやるとなると、なかなかちょうどいいのがありません。

そこで、ワードプレスのプラグインを探したら、いいのがありました。Pinpoint Booking Systemです。

数年前は、カレンダープラグインは、私にとって鬼門と言っていいぐらい、なんかもう、需要はあるのかもしれないけど、危なっかしいなあと思うカテゴリでした。

しかし、今、自分のサイトにPinpoint Booking Systemを導入する準備をしています。できれば今日、導入したいですが、ベイパル決済と連動させたいので、今日中にできるかは微妙です。

そう、このプラグインは、ペイパル決済の設定もできるのです。

プラグインも進化しているなあという話でした。