インスタグラムに広告を出す方法、お問い合わせ機能をつける方法

投稿日: カテゴリー: トピックス

インスタグラムに広告を出すのは簡単でした。1日半で、250円の費用がかかり、222人に広告を見てもらえて、74件の「いいね」がつきました。

広告を出したレポートについては、また後日書きたいと思います。

Facebookページからインスタグラムに広告を出す

インスタグラムの広告なのに、Facebookページを作るところから始めることに、違和感がありますが、まずは、Facebookページを作ってください。

数年前、インスタグラムがFacebookに買収された関係で、Facebookと連携しています。

Facebookページはスマホからでも簡単に作れます。

Facebookページを作る

自分のプロフィールを開きます。

「Facebookページを作成」をタップしたら、手順に従って作業を進めます。

Facebookページに記事を投稿する

投稿した記事を見ると、「投稿の広告を出す」ボタンが表示されます。

「投稿の広告を出す」ボタンから広告を設定

楽天などで買い物をするのと同じぐらいの手軽さで広告が出せます。

ターゲットの性別、年齢、地域、金額などを設定します。1日100円から設定できます。

ここで「この広告をInstagramで掲載する」を有効にします。

インスタグラムに「連絡する」ボタンをつける

インスタグラムにお問い合わせ機能をつけることができます。

「プロフィールを編集」で「Instagramビジネスツールをお試しください」をタップする

Facebookと連携し、Facebookページを選択、または作成する

「連絡する」ボタンを確認

メールアドレス、電話番号、住所などを入力すると、「連絡する」ボタンがつきます。
実際にボタンを押して、メールが届くかなどテストをしてからご利用ください。

インスタグラムからインスタグラムに広告を出す

インスタグラムをビジネスアカウントにすると、広告が出せるようになります。

自分の投稿を開き「広告を作成」ボタンを押して、設定を進めてください。

初心者でもできる ワードプレス講座

自分でホームページを作りたい方へ
東京都内でマンツーマンの個人レッスンを行なっております。
マンツーマンだから、確実に作業が進められます。

こんな方にご利用いただいています
自分でワードプレスを使ったホームページを作りたい女性起業家様
制作会社で作ってもらったワードプレスサイトを強化したい社長様
アフィリエイトで副収入を得たい会社員のお客様

コメントを残す