MENU

500円分のfacebookの広告を出してみました(インスタグラムにも出稿するプラン)

2016年9月に300円分のfacebookの広告を出したのに続き、2016年12月に、再び広告を出しました。

3日間で500円分の広告を出しました

広告のターゲット

東京都、仙台市、名古屋市、大阪府、京都府の25歳以上の男女をターゲットにしました。

結果として、以下のような反応が得られました

広告を出したページへのアクセス:6件
(検索からの流入が混ざっている可能性あり。)

インスタグラムの「いいね」:74件

facebookの投稿への「いいね」:4件

金額の内訳と得られた結果

インスタグラム 241円
222人に見てもらい、74件の「いいね」・・・だいたい3人に1人がいいね

facebook 259円
44人に見てもらい、4件の「いいね」・・・だいたい10人に1人がいいね

誰かのフィードに広告が表示された時点で、金額が発生するのですが、facebookは、インスタグラムより単価が高いことがわかります。

広告を出している途中で設定を変えました

facebookとインスタグラムに広告を出すプランで広告を開始したところ、インスタグラムにばかり広告が表示され、facebookには表示されていないことがわかりました。

インスタグラムに200件以上表示された段階で、facebookでは1件しか表示されませんでした。

そこで、料金が250円に達した段階で、インスタグラムには広告を出さない設定に変更しました。

インスタグラムでいいねを押してくれた方の属性

ビジネスアカウントがいくつか見られました。あとは、ビジネスアカウントにはしていなくても、お店の住所が書いてあるアカウントや、個人事業主など、ホームページを必要としていそうな方から反応がありました。

見て欲しい人に見てもらえているという感触はあります。

なぜ設定を変えたか

理由は以下です。

・インスタということは、スマホに広告が出ている。PCで見て欲しい。
・インスタのいいねはつくけれど、「詳しくはこちら」はクリックされない。
・インスタのいいねは拡散機能がないけれど、facebookは拡散機能がある。
・facebookでの反応も見たかった。

今回広告を出して感じたこと

インスタに広告を出すときは、今回と同じ広告で

インスタについては、3人に1人がいいねを押してくれるほど反応がよかったので、次に出すときも、同じような内容にします。

すぐに結果を求めるのではなく、月に1回程度、定期的に広告を出して、単純接触効果を狙うのがいいのかなと思いました。

facebookに広告を出すときは、次はお役立ち記事で

facebookは、普通の投稿に紛れるような自然な広告の方がいいのかもしれないと思いました。

〇〇円で〇〇します。というような直接的な表現ではなく、例えば以下の記事のような、商売っ気があまりない記事で、次は試してみようと思います。

コメントを残す

*