MENU

【2017年1月】500円分facebookに広告を出しました

お正月明け早々の1月4日から3日間、広告を出しました。

今回出稿した広告はこちらです。

3日間で500円分の広告を出しました

facebookのみに広告を出し、インスタには出しませんでした

facebookの広告を出す際に、インスタグラムにも広告を出すか選べるのですが、今回は、facebookのみにしました。

前回、インスタグラムの方が、「いいね」を得るという反応があったのですが、スマホではなく、パソコンから、記事を開いて読んでほしいので、その結果は得られなかったインスタグラムは外しました。

ターゲットは首都圏の25歳以上の女性にしました

前回は、仙台、名古屋、大阪、京都と、地方にもターゲットを広げたのですが、今回は、東京、千葉、埼玉、神奈川の女性をターゲットにしました。

得られた結果

有料のリーチ:114件

広告を出したページへのアクセス:1件

facebookの投稿への「いいね」:5件

3回の出稿の中では、一番反応が得られたような・・・

毎回、出稿の条件がバラバラなので、なんとも言えない部分ではありますが、女性から反応が得られた、という点が、今回は手応えがありました。

前回と前々回は、具体的な金額を書いたからか、男性からの反応の方が多かったです。

今回は、女性限定で出稿したこともありますが、「いいね」の反応が得られたのがよかったです。

否定的な文章はクリックされない

最初の方で、あまり反応が得られなかったため、出稿中に、広告の文章を変更しました。

「落とし穴があるのをご存知でしたか?」という、脅しのような表現が入っていたのを、上に表示した文章に修正しました。

その後は、反応が出てきました。

大企業のバナー広告でも、以下のような結果が出ているようです。ちょっと古いデータですが。

『笑顔』と『泣き顔』のクリエイティブを両方出して効果を検証してみたところ、『笑顔』のクリエイティブは『泣き顔』に比べ2割ほど高い効果を得ることができました。。

100種以上の自社広告運用でわかった!バナー広告クリエイティブ4つの基本

広告を出すとオーガニックのリーチも増える

前々回はそうでもなかったのですが、前回、今回と、広告を出すことで、オーガニックのリーチも増えました。

広告を出すことで、広告ではないところで、この投稿が見られる機会も増えるようです。

今度こそ、純粋なお役立ち記事で・・・いや、それはその時考えます

前回、この記事を次は出稿したい、と、書いたのですが、欲に負けて、今回も、宣伝が入っている記事を出稿しました。

お役立ち記事の方が、警戒心がなく、見てもらえる気がするのですが、どうしても、宣伝を入れたくなりますね。

男性にアピールするなら数字、女性には感覚、でしょうか

よく言われることですが、これはあるのかなと思いました。今回、男性はターゲットから外してますが。

コメントを残す

*