MENU

手作りホームページのほうが、綺麗なホームページより集客できるという事実

記事タイトルのような事態が起こっているのをご存知でしたか?

これはあるんです。

制作会社に依頼して作った綺麗なホームページより、自分で作ったホームページのほうが問い合わせがあるそうですよ。

制作会社が作ったホームページはダメで、手作りならいい、という、どっちがいいという話ではないのですが。

ホームページに魂が入っているかどうか

そういう事態が起こっているときは、作ってもらったホームページには魂が入らなかったのでしょうね。

制作側の都合、ということで言うと、お客様の方向性が定まっていない場合は、ひとまず、綺麗に作るしかない、と言うところはあります。

そうすると、お客様の思いが入らないから、伝わらないホームページになるのでしょう。

だからレッスンを始めました

最初から作るのは大変と言う場合は、お客様ご自身に、内容を変更していただくことを前提にした制作をします。

一度、自分で作った経験があると、ホームページへの理解が深まり、専門用語への抵抗も減るので、制作会社に制作を依頼するときのコミュニケーションにも役に立ちます。

自分の6年半の経験から、6年ぐらいじゃ、フリーランスは、まだまだ定まりません

私が独立したのは20代後半で、人生も定まっていない年齢だったというのも、あるのかもしれませんが。

自分を商品にしていて、変化していく場合は、毎回、ホームページの制作や修正を依頼するとなると、小回りが効かないので、動きが遅くなります。

自分が思いついた時に、自分でホームページを変えていける技術は、少なくとも、ワードプレスの時代が終わる、5年後10年後、もしくはそれ以降まで使えますので、ぜひ、レッスンをご利用ください。

コメントを残す

*