MENU

私がよく使う基本のWordPressプラグイン

Google Analyticator

Google Analyticator
グーグルアナリティクスをワードプレスに設置するためのプラグイン。ワードプレスのダッシュボードから統計を確認できます。テーマを変更した時に、移行し忘れる可能性がありますので、グーグルアナリティクスはプラグインで設置するのがオススメです。

WP SiteManager

WP SiteManager
SEO対策用プラグインです。SEO対策と言われるいろいろな設定ができます。All in One SEO PackよりWP SiteManager派です。「WordPressの教科書」でもおなじみのプライム・ストラテジー社のプラグインなので、信頼性も高いです。

お問い合わせフォームで有名なContact Form 7

Contact Form 7
最近は、Jetpackのお問い合わせフォームでも十分だと感じていますが、有名なフォームプラグインです。

Contact Form 7に確認画面を追加するContact Form 7 add confirm

Contact Form 7 add confirm
Contact Form 7には確認画面がないのですが、このプラグインを入れると、確認画面が使えるようになります。

MW WP Formは設置の難易度が高いので、確認画面が必要な時は、この組み合わせがオススメです。

Contact Form 7からのお問い合わせを取りこぼさないためのFlamingo

Flamingo
Contact Form 7は、設定をちゃんとしないと、せっかく入力してもらった情報を受け取れない場合があります。このプラグインは、そんな事態を防いでくれます。

メールがうまく受信しなくても、これを入れることで、ワードプレスの管理画面の中からお問い合わせ情報を確認できるようになります。

BackWPup

BackWPup
バックアップ用のプラグイン。ドロップボックスなどにバックアップデータを保存できます。データベースだけあればいいという場合は、WordPress Database Backupも使いやすいです。

Responsive Lightbox by dFactory

Responsive Lightbox by dFactory
ブログ記事に載せた写真をおしゃれに拡大できるブラグイン。スマホ対応しています。効果を選ぶことができます。デフォルトはSwipeBox、私の好みはNivo Lightboxです。Lightbox系のプラグインはたくさんありますが、これが一番ちゃんと動く気がします。

Jetpack by WordPress.com

Jetpack
ワードプレスの開発元が作っているプラグイン。セキュリティ強化、関連記事や人気記事の表示はこのプラグインが便利です。別途WordPress.comのIDとパスワードの取得が必要となります。

Akismetを設定する時に、WordPress.comのIDとパスワードの取得が必要になるので、導入することをオススメします。

グーグルアナリティクスを導入しなくても、サイト統計情報が見られるようになります。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer
画像のメタデータを削除するプラグインです。スマホで撮った縦長の画像を、パソコンからワードプレスにアップロードすると、横向きになってしまうことがあります。

ワードプレスの中で、縦横の回転ができるのですが、うまく回転ができない場合があります。このプラグインを有効化することで、その問題が防げます。

その他

WP-PageNavi、Breadcrumb NavXTもよく使います。パンくずリストはWP SiteManagerプラグインにも入っているのですが、Breadcrumb NavXT派です。

コードを表示させるプラグインは、Crayon Syntax Highlighterを使っています。

ワードプレスをインストールした時にデフォルトで入っているAkismetとWP Multibyte Patchは忘れずに有効化しましょう。

コメントを残す

*