2017年10月3日はスカイプでワードプレスのマンツーマンレッスンでした

5時間レッスンの最終回でした。

ワードプレスのhttps化を一緒に進めました。

参考:2017年10月以降は、ホームページのURLをhttpsにした方がいい理由

作業自体は、一つ一つは、海外製のテーマを設定するよりは簡単です。

ただ、知識がないと、どこの設定をどう変えたらいいのか、というのがわかりにくいです。

慣れない方は、ワードプレスをインストールし直して、https化した後、既存のサイトのデータをエクスポートして、新規サイトにインポートし直す、というのが、一番の近道かもしれません。

手動で全部設定し直すことになりますが。

完璧なやり方は、グーグルで検索しても見つからないと思うので、自分でやりたい方はレッスンを受けてください。

この部分だけを代行するのは、サーバーのデータを預かって、データベースを書き換えて、というのが心の負担なので、あんまりやりたくありません。

やるなら3万円からで、サーバーの状況などでお見積もりです。

「エックスサーバー https化」などで、やり方は出てくるので、頑張ってください。

その際に、Search Regexプラグインで、URLを一括置換する方法が出てくると思いますが、プラグインだと、テーマによっては全部書き換えられないので気をつけてください。

Lightningテーマなど、機能が豊富なテーマを使っていると、うまく行かない可能性が高いです。

URLの一括置換は、Search and Replace for WordPress Databases Scriptで、guidを除いたデータを一括置換すれば確実です。

この記事を書いた人

竜胆Webデザイン

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。
都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。また、出身地である福島県にワードプレスを普及させるために活動しています。