アメブロではなくワードプレスでブログを書いた方がいい理由の一つは広告収入です

今日はワードプレス(インストール型)とアメブロの違いについて書きたいと思います。

ブログを更新していく上で、ワードプレスとアメブロの一番大きなな違いは、ブログから発生する広告収入が、自分に入るか、アメブロに入るのか、という点になるかと思います。

それがどういうことかをご理解いただくために、まずは、ワードプレスとアメブロがどう違うのか、という点からご説明します。

違い1:ブログのデータの保存場所

アメブロとワードプレスの大きな違いは、データの保存場所です。

記事を書いたり、写真をアップした時に、そのデータが、どこに置かれるのか。それがアメブロとワードプレスでは違います。

アメブロの記事は、アメブロのサーバーの中に預けます。

一方で、ワードプレスは、自分でサーバーを借りて管理します。

違い2:ドメイン(URL)の形式の違い

アメブロでブログを作ると、以下のようなURLになります。

https://ameblo.jp/【自分のアカウント】/

ワードプレスでブログを作る場合は、以下のようなURLになります。

【好きな単語】.com もしくは、 【好きな単語】.【サーバー会社の指定の単語】.jp

URLの形によって、アメブロのブログは、アメブロの一部と認識され、ワードプレスは独立した一つのサイトと認識されます。

ブログからはお金が発生する

アメブロを読もうとすると、広告が目に入ってくることがあるかと思います。特にスマホで見た時には目立つのではないでしょうか。

広告が入ることで、その記事から、幾らかの売り上げが上がります。

この売り上げは、当然、アメブロの収入になります。

一方で、有料のサーバーを自分で借りてインストールしたワードプレスには、広告ははいりません。

なので、お金が発生しないブログを運営することも出来ますし、自分で広告を入れて、その収入を自分のものにすることも出来ます。

ワードプレスに広告を入れるのに特別な許可はいらない

ワードプレスに広告を入れるのに、何か特別な許可は必要ありません。

広告を提供している会社の審査などはありますが、そこに通過すれば、あとは、広告を貼っておくだけでOKです。

何か特定のものを売る場合はA8.netというサービスに登録するのがおすすめです。

厳しい審査はありませんし、アマゾンや楽天のリンクもこちらから作成できます。

アメブロのように自動的に表示させる広告を貼る場合は、グーグルアドセンスに登録する必要があります。

こちらは、ブログを持っているかどうかの審査があります。

【好きな単語】.comのようなドメインのブログで、なおかつ30記事ぐらい、記事が入っているかどうかを見られます。

アメブロでランクインしている人は毎月数千円以上、損しているかも・・・

どんなジャンルのブログを書いているかで、広告の単価が変わってきたりするので、一概には言えないのですが、場合によっては、自分のブログから月々1万円以上の広告収入が発生している可能性も無きにしもあらずです。

「アドセンス 収入 毎月」などで検索すると、どんなものなのかが分かるかと思いますので、ぜひ調べてください。

アメブロでブログを書く習慣がついたら、ワードプレスにも挑戦してはいかがでしょうか。

自分でワードプレスを始められる無料マニュアルを公開しています。

この記事を書いた人

竜胆Webデザイン

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。ワードプレスの先生とウェブデザイナーをやっています。地域活性化の観点から、福島県にワードプレスを普及させるべく、福島県での活動も行なっております。