EUの個人情報保護法が日本のワードプレスユーザーに与えるかもしれない影響について知っておきましょう

と言いつつ、私もそこまで詳しくないので、一緒にお勉強していきましょう。

2018年5月25日に、EUで、GDPRなる法律が施行されます。制裁金が大きいのが特徴です。

GDPRは「EU域外への企業にも効力を発行する」という不思議な法律だ。その罰則の厳しさのわりに、話題になっていないような印象がある。

WordPress 4.9.6のGDPR導入でなにが変わったのか

グーグルもツイッターも「はてな」も、みんなこの法律に対応しています

昨日「はてな」から、GDPRに関するメールが来ました。

「はてな」からのメールによると、この法律の適用に際し、利用規約およびプライバシーポリシーに関する利用者への周知が必要なんだそうです。

日本で開発されて、日本にユーザーが多いであろう、「はてな」でさえも、GDPRは無視できない法律ということですね。

ヨーロッパの法律なのに・・・。

ツイッターは少し前に通知が出ていましたよね。

グーグルは、アナリティクスのデータの保持期間を、これまでの無期限から、過去2年間に変更しました。

ワードプレスでも、変更がありました

8年ぐらい、ワードプレスを使ってますが、こういう機能追加は異例だと思います。

プライバシーに関する機能が3つも追加されました。

とりあえず私には関係ないっぽいけれども

私はEUにはお客様がいないし、企業ではなく個人なので、大丈夫なような気はします。

でも、コメントお問い合わせフォームが何らかの落とし穴になる可能性がゼロではなさそうです。

GDPRでは個人のデータをエクスポートできる必要がある。これは投稿・コメントなどが該当する。

WordPress 4.9.6のGDPR導入でなにが変わったのか

どうしたらいいのか?

「はてな」からのメールによると、「はてな」は以下の2つの対応を行うそうです。

– 未成年ユーザーの登録時に保護者の同意を要することを利用規約に明記
– GDPRの適用対象ユーザーが権利行使する際の問い合わせ先を明記

誰かが、GDPRに対応したプライバシーポリシーのフォーマットを公開してくれるのを待ちつつ、自分でもGDPRについて学ぶという感じでしょうかね。

プライバシーポリシーが完成したら、上記のワードプレスに追加された機能で、プライバシーポリシーのページを設定し、フッターなどにリンクを貼りましょう。

(2018/7/22追記)

この記事を書いた人

古川恵子

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。
都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。また、出身地である福島県にワードプレスを普及させるために活動しています。