WordPressもくもく勉強会@本庄 #1に参加しました

6月2日は、午前と午後で、2つのワードプレスの勉強会に参加しました。

午前中は練馬区の上石神井で、ゆるゆるカフェ「ページビルダー Elementor を実演します」に参加しました。

午後は、埼玉県の群馬県との県境に近い、本庄で行われた、WordPressもくもく勉強会@本庄 #1に参加しました。

午前中のレポートはこちら

無料テーマyStandard作者のヨシアカツキ氏主催の勉強会

群馬でワードプレスの無料テーマを作っている人がいる。

というのを私はずっと注目していました。

テーマが素晴らしいことと、地方在住の方がこれだけ存在感を示している、という2点が注目のポイントでした。

なので、彼のツイッターをフォローして、情報収集をしていたところ、0回目が埼玉県で、先月ぐらいの行われたことを知り、すぐに、今回の#1が行われることも知ったので、参加しました。

目的は、都心以外でのワードプレスの勉強会とはどんな感じで、どんな人が集まるのか、というリサーチがメインでした。

もくもく会だから、基本的に自習なのですが、雰囲気がよかった

ところで、「ヨシアカツキだと長いので、ヨッシーさんと呼んでください」と、自己紹介でおっしゃられていたので、以降はヨッシーさんで統一させていただきます。

「さん」づけ、というのは、気遣いですよね。

私も最近、勉強会などでは年齢が上の方になってきたので、なんて呼んでほしいかを発表するときは「古川さん」と呼んでください。と言っています。

そんな、細かい気遣いも忘れない方で、交流の時間も多く取られていたので、とにかく、雰囲気がよかったと感じました。

(私も気遣いができます。という表現になっていますが、そこは、そういうことにしてください。)

公開プロフィールによると、ヨッシーさんが1988年生まれの方で、彼の同級生も参加されているなど、参加者は全体的に、若過ぎないけど、割と若い、という印象でした。

年齢層は、前後15才ぐらいにまとまっている感じでした。

いろんな年齢層が集まる面白さもありますが、そんなに世代が離れていない層が集まる勉強会も新鮮でしたね。

自習と言いつつ、詳しい人に質問したり、教えあったり、活発な雰囲気でした。

参加者の感覚が、埼玉は東京だなと感じました

どういう人が集まるのかな?本庄は、埼玉だけど、群馬に近いから、地方の人が集まるのだろう。

そんな風に私は思っていました。

この地域にゆかりがある方達が集まっているのは間違いありませんでした。

しかし、名刺を交換させていただいた人のうち2人は、東京で働いていた方と、まだ東京で働いていて東京に住んでいるけど、地元が埼玉、という感じで、全体的に、雰囲気は東京でした。

福島県とはやっぱり、ちょっと、東京との距離が違うので、感覚が違うというのを感じました。

どっちが良い悪い、は全くないのですが、単純に、感覚が違うのを感じました。

すでにワードプレスを使って、制作やライターの仕事をされている方達が多く集まっていました。

さらにブログ界の超大物の方も参加されており、やはり、有名人であるヨッシーさんの勉強会ともなると違うなと思いました。

成功者から私にもたらされた珠玉の情報

割とミーハーな私は、超大物の方とも名刺交換をさせていただき、雑談もさせていただきました。

雑談をしたつもりだったのですが、家に帰って驚いたのは、その数分の間に、私は、これからの活動にあたり、こんなに重要な情報ってあるんだろうか?というぐらいすごい情報をもたらされていたことに気づいたのでした。

それがこちら。この主催者の方が、なんと、福島市在住なんだそうです。

いやあ、なんていうか、これが成功者というものかと、感動したのでした。

群馬県のもくもく会にも行ってみようかなと

今回、群馬県がそこまで遠くない、という事実にも気づくことができました。

本庄のもくもく会もまた行ってみたいですし、行けそうだったら、今度は群馬にも行ってみようと思いました。

群馬県で5年、ワードプレスのもくもく会を開催されている方もいらっしゃっていたので、行ってみたいです。

軽い気持ちで参加したのですが、いろいろな出会いもあり、情報の収穫もあった勉強会でした。

この記事を書いた人

古川恵子

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。
都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。また、出身地である福島県にワードプレスを普及させるために活動しています。