【読書】書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室

2016年6月に発行された書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室 (WEB PROFESSIONAL)を読みました。

アスキーの連載を書籍された本です。

Web系のサイトに連載されていた内容ということで、Web制作に役立つ考え方が書かれていました。

文章が図解されていてわかりやすかった

文章にマーカーで線を引いたり、ヒアリングシートにまとめるなど、情報の整理の仕方が理解できました。

たとえ話が豊富で、サラッと読むことができました。

キャッチコピーを作るためのヒアリングシートが参考になった

コピーライトも、ホームページ制作も、お問い合わせなどのゴールに向けた働きかけなので、お客様との会話で情報を引き出すためのコツが参考になりました。

質問を具体的に分解する、可視化するという視点でヒアリングシートが作られていていました。

また、浅い回答しか得られなかった場合の組み立て方も書いてあり、役立ちました。

トーン&マナーの考え方が役に立った

これは、本を買って読んでいただきたいのですが、すごく大切なことだと思いました。

サイトの制作だと、なんとなく、「色」という感じで話が始まったりしますが、まずはトーン&マナーから入ると、色も決めやすいと思いました。

パッションピンクと桜色では、同じピンクでも与える印象は全然違いますよね。

ということで、サイト制作の勉強にもなる本でした。

この記事を書いた人

古川恵子

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。
都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。会津地方で不定期に情報発信講座やグループレッスンも開講中。