2年間で約100名の新規顧客獲得!1時間1万円の対面レッスンの集客をすべてWebで行った私の例

この2年ほど、ホームページ制作リンドウでは、ワードプレスの個人レッスンに力を入れていました。

ちなみに今もやっています。

1時間1万円と、決して安くはないレッスンですが、2年で約100名の新規顧客を獲得し、150回以上の対面レッスンを開催することができました。

1時間1万円のレッスンを、Webで集客するために

ホームページも大切ですが、私の場合、ストアカというサービスからの集客もかなりの数になりました。

まずは、こういったサービスに登録して、自分と同じようなサービスを提供している人で、一番人気がある人の文章を真似して文章を書きます。

売れている人の文章を見ると、まず、ターゲットがだれなのか、が明確にされていることに気づくと思います。

私の場合は、「ワードプレスを始めたけど、途中で行き詰まった初心者から中級者」をターゲットにしていました。

そして、ターゲットに対してなにを提供できるのか、をはっきりと書きます。

私の場合は、「どうしても一人では解決できないワードプレスの疑問をプロが解消します。」ということを提案していました。

ストアカで同じようなサービスを売っている同業者と比べても、私のサービスは一番高いぐらいの価格帯でしたが、コンスタントに集客をすることができていました。

サービスを買ってもらうために、無料で情報を提供する

ホームページから集客するためには、まず、お客様にネット検索で見つけてもらう必要があります。

そこで、お客様が必要としているであろう情報を提供します。

私の場合、レッスンで提供しているのと同等の内容の、ワードプレスの初心者向けマニュアルを書きました。

全部無料で公開していて、これを読むだけで、ワードプレスにすごく向いている人であれば、自分でワードプレスサイトを構築できる人はできる内容になっています。

このマニュアルを公開することで、ここからもお客様が来るようになりました。

ちなみに今もそのマニュアルを公開しています。

現在は、レッスンより制作に主軸を移しているため、このマニュアルはホームページからは切り離し、別のブログとして運用しています。

ホームページから切り離したことで、今は集客ブログではなく、アフィリエイトブログとして、月にいくらかの利益が出ています。

無料で情報を公開しても、長期的には、利益を得られるようにすることが可能です。

結果がでないツールは切り捨てる

切り捨てる前に、目についたサービスはなんでも使ってみましょう。私もストアカがうまくいくまでに、同じようなサービスをたくさん使いました。

たくさんのサービスを使って、自分のサービスの内容を、文章で表現することが上達したからこそ、ストアカで結果が出たと言えます。

一方で、なんとなく力が入らない、結果がでないツールも出てきます。そういったものについては、ホームページへの被リンク獲得にはなるので、深追いせず、放置しておけばいいと思います。

私の場合、アメブロ集客は全く結果が出ませんでした。

アメブロ自体は大好きで、10年ぐらい続けたのですが、ほとんど集客には繋がりませんでした。

そういったものは、潔く切り捨てて、他のところに労力をかけるのは一つの手段です。

最後は気持ちの持ちようです

もし、集客がうまくいかない場合、自分が本当にそれをやりたいのか。を考えてみましょう。

私も長らく集客が低迷した時代がありましたが、その頃は、「お客様が来たら怖い。まだ実力がないから失敗するかもしれない。」と、思っていました。

とはいえ、それでも来てくださる、ご縁のあるお客様を大切に、少しずつ、自信をつけていきましょう。

まずは、なんでもいいので発信をやめないことです。

続けることで、自信と実力がつけば、そのあとは、自信と確信に満ちた言葉で、集客のための文章が書けるようになります。

そうすればきっと、集客がスムーズにいくようになっていると思います。

この記事を書いた人

古川恵子

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。
都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。また、出身地である福島県にワードプレスを普及させるために活動しています。