士業で独立開業する前にブログを始めるべき理由

資格を取って、修行ののち、独立開業を考えるのでしたら、開業前に、ブログを始めることをおすすめします。

Web集客は、文章と動画がすべて

これからの時代に開業するということは、対面だけでなくWeb集客も考えていらっしゃることでしょう。

Web集客は、対面と違い、ほぼ、テキストの情報だけで相手に選んでもらう必要があります。

ですので、今すぐブログを書くことで、一日も早く、テキストで自分を発信することに慣れておくことが、独立開業後の結果に繋がります。

テキストだけでなく、動画にも同じことが言えます。

どのブログで書けばよいのか

もし、資格の取得に向けて、勉強した内容のノート代わりに使うのであれば、やはり、ワードプレスがおすすめです。

独自ドメインをとって準備期間中から書くことで、開業してからのホームページの検索流入につなげることができます。

SNSのように使うのであれば、はてなブログやアメブロなどの無料ブログを使うのでもよいでしょう。

いずれにしても、開業準備中にブログを通して知り合った人が、開業後にお客様になってくれる確率は、そんなに高くないと思っておくのが懸命です。

そういう意味では、開業準備中のブログは、なんでもいいのでツールをいくつか試して、続いたものを続けるがおすすめです。

自分をパッケージ化する練習をする

個人事業主のWeb集客では、ブランディングということがよく言われます。

私は何をしている人です。どんな人を対象にしています。

ということを、しっかりアピールすることで、あなたという人の輪郭がはっきりすれば、お客様に選ばれやすくなります。

ですので、ブランディングと大げさに構える必要はありませんが、自分の輪郭を濃くしていくためには、文章で自分を表現することに慣れていることが役立ちます。

ブランディングは必要か

それでは、ブランディングをするために、ブログを書けばよいかということになりますが、それはあまりおすすめしません。

自分がこうあるべき、と、思った人物像を演じるようなことになると悪循環ですし、無理して作った人物像に興味を持ったお客様は、自分にとって本当に合うお客様ではないかもしれません。

その場合、お客様にとっても、思っていたのと違う相手に仕事を依頼してしまった、というミスマッチに繋がります。

それを避けるためには、とにかく素直に、自分自身というものを誠実に発信していくべきです。

誠実な発信を積み重ねてさえいけば、人間である以上、誰にでも個性や特長がありますから、ブランディングはあとから付いてきます。

自分を表現すると言っても、売るものは技術であることを認識する

お客様が必要としているものは、あなたの持つ技術です。

お客様は、お友達を探しているわけではありません。

それを踏まえて、誠実に発信しましょう。

独立開業前であれば、まだお客様がいないので、失敗談なども書いてよいと思います。

ある出来事に対して、どういう姿勢で取り組んでいるのか、という点を、よい形でアピールできれば、悪い出来事であっても、集客のネタとして使うこともできるでしょう。

頭の中で想定していることと現実は違う

おそらく、ブログを始める前に、不安になることの1つは「炎上」だと思います。

しかし、実際にブログを始めると、炎上どころか、なかなかアクセス数が増えない、という悩みに直面することになる場合が多いことでしょう。

そんなものですし、そういうスタートになります。

ですから、開業してから、結果のでない数ヶ月を過ごすのではなく、開業する前から、ブログをはじめて慣れておくことは、開業後の集客のために大切な準備と言ってよいかと思います。

この記事を書いた人

古川恵子

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京在住。
都内でウェブ制作と、ワードプレス個人レッスンを行っています。また、出身地である福島県にワードプレスを普及させるために活動しています。