個人事業主のホームページは育てていくことが大切なので、ワードプレスで作成します

個人事業主がホームページを持つ意味ですが、やはりそこから集客につながるということではないでしょうか。

ホームページから集客ができるようにするためには、ホームページ自体を集客できるものにしておくことと、検索エンジンで見つけてもらえるようにしておくことが大切です。

集客できるホームページに自分で育てていけるのがワードプレス

ワードプレスとは、ブログを更新できるようにするシステムのことです。

このシステムは、柔軟に出来ていて、ブログ構築にもホームページ制作にも対応しています。

ですので、ワードプレスのホームページというものもありますし、ワードプレスのブログというものもあります。

あえてオーダーしなくても、ワードプレスで作ったホームページなら、基本的にはブログもついてきます。

自分のビジネスを、お客様にお伝えする内容のブログ記事を書いていくことで、検索からお客様に来て頂けるようになります。

集客できる文章は、スキルシェアサービスなどで鍛えましょう

ホームページで大切なのは、デザインではなく内容です。

必要な情報を、必要な場所に載せておくことが、集客に繋がります。

リンドウのホームページ制作では、まずは集客に最低限必要な情報をホームページに配置するところから制作を始めます。

しかし、その業界を一番理解しているのはお客様自身です。

お客様自身で、集客ができるように、自分の仕事をお客様に説明できるということは、集客する上で一番大切なことです。

集客できる文章を書くには、やはり、訓練することが一番の、近道になります。

では、練習はどうするのかというと、一番効率的なのが、スキルシェアサービスで、実際に集客をしてみることです。

例えばストアカなどのサービスがあります。

このサービスのいいところは、同業者が集まっていて、その中で、売れている人と売れていない人を確認できることです。

売れている人を真似することで、集客ができるようになっていきます。そして、お客様と接することで、自分なりの強みが分かってきます。

分かってきたら、オリジナリティを出すことでより集客できるようになるかもしれませんが、まずは、売れている人を真似することが、集客できる文章をマスターするためには効率的な方法です。

いろいろ分かってきたら、それを自分でホームページに反映できるのがワードプレスの素晴らしさです

ホームページをしっかりと作り込んでしまって、自分では変更できないようにしてしまうと、自分の方向性が変わったとしても、数年は、ホームページには古い自分が残ることになります。

ワードプレスで作っておけば、その心配もありません。

いつでも柔軟に、今の自分に合った形で変えていけるホームページが、個人事業主にはおすすめです。

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー