ブログ記事

Cookie規制に関する法律ができたので、プライバシーポリシーはどうしたらいいのか

カテゴリー:

詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしたり、ご自身でもいろいろ調べてみてください。

【2023年6月16日施行】新たなCookie規制、改正電気通信事業法(外部送信規律)についてわかりやすく解説!

マーケティング担当者でもこれだけは知っておきたいCookie規制の影響と対策方法をわかりやすく解説

【最新版】Cookie同意ボタンは設置必須!?改正個人情報保護法によるWebサイトでの対策と基礎知識

【2023年6月施行予定】 電気通信事業法改正とは? Cookieに関する規制を含め ポイントを分かりやすく解説!

【2023年版】Cookie規制とは?日本の状況・影響・対策方法まで解説

最近、ネットを見ているときに、「Cookieを受け入れますか?」というポップアップが出てくるのを見たことがあるかと思います。

あれがなぜ表示されるかというと、個人情報に関わる法律に関するトラブルを避けるためです。

Cookieは何かというと、例えば、引っ越しをしたいと思って物件を検索すると、物件情報のインターネット広告が至る所に出るようになりますよね。

ああいうのはCookieを使って情報を集めて、それを元に、個人の興味に合わせた広告を表示させています。

個人の趣味嗜好や、いつ何を検索したか、が、パソコンの中に埋め込まれたCookieで監視されているというわけです。

これが問題になって、Cookie規制の法律ができました。それが、個人情報保護法だったり、2023年6月に施行された電気通信事業法のCookie規制だったりするわけです。

普通のホームページでCookieが関係してくるのは、グーグルアナリティクスという、多くの人がホームページに入れている無料のアクセス解析ツールと、あとは、ホームページにSNSの投稿を埋め込んだりボタンを入れている時などです。

ちなみに、グーグルアナリティクスについては、改正個人情報保護法では規制の対象外です。

Cookieには「ファーストパーティーCookie」と「サードパーティーCookie」の2つがあり、現時点でCookie規制の対象になっているのは主にサードパーティーCookieです。

サードパーティーCookieは、用途によってはユーザーが意図しない場所でもWebサイトを横断して行動履歴を収集しています。これが個人情報保護の観点から問題視され、規制が行われるようになりました。

https://www.ebis.ne.jp/column/cookie/

Google アナリティクスのCookieは先程説明した通り、一般的にファーストパーティーCookieに分類され、日本の改正個人情報保護法では規制対象外となっています。そのため、GAのみを導入したWebサイトでの「Cookie利用承認・同意ボタン」の設置は必須ではありません。

https://techpr.youth-com.jp/blog/275

ただし、2023年6月に電気通信事業法という法律にCookieに関する内容が追加されました。

とはいえ、この法律が適用されるのは、特定の業種だけのようです。

まとめると、電気通信事業法の適用を受ける事業者とは、「電気通信事業を、営利目的で行っており、適用除外に該当しない事業者」です。

https://keiyaku-watch.jp/media/hourei/denkitsuushinjigyouhou_kaisei_2023/#%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%80%9A%E4%BF%A1%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%B3%95%E3%81%AE%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E2%91%A2%EF%BD%9C%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%AE%E5%A4%96%E9%83%A8%E9%80%81%E4%BF%A1%E8%A6%8F%E5%88%B6%EF%BC%88Cookie%E8%A6%8F%E5%88%B6%EF%BC%89%E3%81%8C%E6%96%B0%E8%A8%AD%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B

ただし、以下のような可能性もあるようです。

したがって、Cookieを利用したサイトを運営する事業者は、電気通信事業法改正によって新たに導入されるCookie規制の適用を受ける可能性があります。

https://keiyaku-watch.jp/media/hourei/denkitsuushinjigyouhou_kaisei_2023/#%E9%9B%BB%E6%B0%97%E9%80%9A%E4%BF%A1%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E6%B3%95%E3%81%AE%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E2%91%A2%EF%BD%9C%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%AE%E5%A4%96%E9%83%A8%E9%80%81%E4%BF%A1%E8%A6%8F%E5%88%B6%EF%BC%88Cookie%E8%A6%8F%E5%88%B6%EF%BC%89%E3%81%8C%E6%96%B0%E8%A8%AD%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B

改正電気通信事業法では、主にサードパーティーCookieを活用する場合を念頭に規制が設けられました。規制の対象は、電気通信事業法に基づき届出等をした電気通信事業者と、政令で定める電気通信役務(オンラインサービス等)を他人の需要に応ずるために提供する事業者です。

〜 中略 〜

しかし、事業者団体等からの反発を受け、当初の案は見送られ、同意を取得する方法のほかに、関連情報をユーザーに通知・公表することやオプトアウトの機会を設けることでも足りることになりました。

https://www.ebis.ne.jp/column/cookie/

これらの法律関連の動きに合わせて、私たちが、Webサイトを閲覧する時に使っている、Safari、Edgeなどが対応を進めています。

とくにiPhoneの人が使うSafariでは、2017年から対応を進め、2023年の今は、サードパーティーCookieを全面ブロックしています。

日本人に一番人気があるChromeに関しては、サードパーティCookieを使っているグーグル広告が使えなくなると困るからなのか、対応が遅れていますが、2024年にはサードパーティCookieをブロックする予定のようです。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

【2023年版】Cookie規制とは?日本の状況・影響・対策方法まで解説

このようにブラウザ側での対策が進んでいるので、もしかしたら、このことについては、しばらく様子を見守っているうちに、自然と解決することなのかもしれません。

とはいえ、様子は見守っていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です