ブログ記事

福島県の若者たちが自主的に開催する運動会に私も社会人ボランティアで参加します

カテゴリー:

2023年8月12日に福島県郡山市で、福島県出身の大学生や福島県在住の高校生が主催する運動会が開かれます。

高校生から24歳以下までの方なら、県内在住でなくても参加費500円で参加できるので、是非、参加してみてはいかがでしょうか。

赤組、青組、白組、緑組、黄組、桃組、紫組、橙組のどこかに入って、チームで競うみたいです。

私は、社会人ボランティアとして参加します。

クラウドファンディングもやっているので、遠くから支援したい方はぜひ。

学生にとっての【サードプレイス】を届けるために、運動会を開催したい!

なぜ、私がこの運動会のボランティアに参加するかというと、知人に誘われたからです。

福島県内の学生が自主的に運営している、この運動会の主催団体でもあるSpread From Fukushima(以下SFF)は、2020年頃から活動している団体です。

この団体を立ち上げたのが、私たちが2019年からやっているあいづっぺでぃあという福島県会津地方のローカルメディアの立ち上げメンバーです。

その彼は、大学生ながら、あいづっぺでぃあというローカルメディアの立ち上げ、SFFも立ち上げたというただ者ではない方です。

今20代半ばぐらいで、まっすぐに生きて、まっすぐに壁にぶつかったりしている、大変に魅力的で人間味があり、将来性のある方だと思います。

かなりの数の学生と面談などをしているようで、若手起業家のような外見や経歴とは裏腹に、お金にならないような、泥臭いことを真面目にやるタイプの、私には計り知れない、次世代の旗手となるような方です。

そんなに親しく付き合っているわけではありませんが、彼が20歳の時に知り合って、一緒にプロジェクトをやってきて、いつでも、彼は、冷静に自分の状況や実力を受け入れているように見えて、そこがぶれないのがすごいなと思います。

その方に誘われたということで、どちらかというと文系で団体行動が苦手で、PTAなどの活動にも無縁な私ですが、今回、思い切って参加することしました。

私の同級生だと、もう、成人している子供がいる人もいるはずですし、高校生というと、自分の子供のような世代です。

若者とふれあうのも楽しみですが、社会人ボランティアの皆様との交流も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です