個人事業主がホームページから集客できるようになるまでの流れ

投稿:2020年9月21日更新:2021年8月2日Web集客 , 個人事業主のSEO対策

個人事業主として私自身が11年間、ネットからの集客を続けていて、これが大事だと思ったことを書きます。

最初は、交流会に出たり、知り合いを増やして仕事を頂き、経験を積むことが大事ですが、それと並行して、ネットでの発信を続けることで、数年後にはネットからも集客が出来るようになります。

その時々のレベルで、お客様は変わっていくので、背伸びせず、今の自分を発信することが大事なポイントだと思います。

1)データを取れる状況にする(ブログを書く)

ホームページから集客するための第一歩は、データを集めることです。

まずはブログを書きましょう。ブログを書くツールはワードプレスをオススメします。レンタルサーバーを借りると、ワードプレスは簡単にインストールすることが出来ます。

noteやアメブロもいいと思いますが、長期的に仕事で使っていくのであれば、自分でレンタルサーバーを借りて、ワードプレスでブログを書くことをオススメします。

いざ、記事がたまって、狙ったキーワードで順位を上げていこうとなったときに、全体の設定を変えられるワードプレスと、自分の記事しか変更出来ないアメブロ、noteだと、大きな差が出てきます。

URL(ドメイン)は、長く使えば使うほど、ドメインパワーというものが上がっていくので、最初から、これだと思ったURL(ドメイン)にすることをオススメします。

とにかく、ワードプレスでブログを書きます。

まずは30記事を目標に、とにかく書いて、公開してください。

ブログを30記事書くのは、まずはブログを書くことを習慣にするという意味があります。習慣化する、そして、文章を書くことになれることが大事です。

記事は公開後に修正することが出来るので、まずは、公開して、世の中の反応を見ることを優先してください。

内容は、お客様に向けて、仕事のことを書いてください。ブログを書くことは営業活動です。

自分のこれまでの人生のことを書いたり、なぜ、この仕事を始めたのかなどを書くのもいいと思います。

2)データを分析する

データを分析するのに使える2つのツールをご紹介します。

Googleアナリティクス

無料で使えるGoogleアナリティクスを入れておきましょう。どんな記事が読まれているか、どんな地方の人が読んでいるかなど、いろいろ分かります。

サーチコンソール

Googleアナリティクスほど有名ではないものの、無料で使えるサーチコンソールは使えるツールです。こちらも入れておきましょう。

サーチコンソールは、どんなキーワードで自分のサイトが検索エンジンに表示されているかを知ることができるツールです。

これを見ることで、訪問者が使う検索キーワードが分かります。

3)お客様に照準を合わせる(記事を書き直す)

ウェブ集客にはリライトというテクニックがあります。記事を書き直すことです。

分析したデータを元に、仮説を立てて、記事を書き直しましょう。

ブログを30記事書くと、サーチコンソールにデータがたまります。

もし、ブログに人が来ていなくても、検索エンジンで、検索結果にブログが表示された場合、そのデータをサーチコンソールで知ることが出来ます。

まだお客様は来ていないけれど、検索結果には表示されている。それが分かれば希望を持つことが出来ます。

また、表示はされているが、そのリンクをクリックして、記事を読みに来てもらえない原因は何だろうと、疑問を持ち、仮説を立てることが出来るようになります。

また、思いもよらぬキーワードで検索の上位に来ることもあると思います。

なんであっても、Googleに一度、存在を覚えてもらったサイトであれば、サーチコンソールの検索キーワードを「行政書士 東京」「行政書士 相続 東京」などのものに変えていくことが可能です。

サーチコンソールをよく見て仮説を立てながら、記事を書き直す作業を繰り返すことで、検索エンジンでの順位を上げていけるようになります。

具体的に、どんなキーワードを狙って記事を書くべきなのか、キーワードの選び方はどうするかについては以下の記事で説明しています。

4)ブログをホームページにして集客する

ワードプレスは、着せ替え人形のように、外側を変えることが出来ます。

今まで書いたブログはそのまま残して、これからもブログを更新できる状態で、形をホームページに変えることができます。

料金表や会社概要、代表挨拶、問い合わせフォームなどを設置して、ブログからホームページにサイトを変更しましょう。

料金表と問い合わせフォームがあれば、多少、見た目に難があるホームページでも集客できます。

ルールを設定することが大事なポイントで、それが出来ていれば、お客様はそのルールに乗ることが出来るというわけです。

ブログをホームページ化したら、いよいよ、本当に狙いたいキーワードで、ホームページ全体のSEOを行います。

具体的にやることは、ホームページのキャッチフレーズとディスクリプションで、キーワードを狙うことです。

キャッチフレーズとディスクリプションの設定方法は以下の記事をご覧ください。

行政書士、社労士、司法書士など士業のお客様向けに、ワードプレスの設定サービスを行っています。こちらも合わせてご利用ください。

古川恵子。1981年福島県生まれ。東京都豊島区在住。 都内を拠点にフリーランスでホームページ制作を行っています。

ここ数年、情報発信のいろいろな活動をしてきており、そろそろフリーランスから法人にステップアップしたいという野望を持っています。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

独立開業時のネット集客でまずやるべきこと 今年の4月から総額表示が義務化されます

お問い合わせはこちら

お仕事のご依頼・ご相談など、
お気軽にご連絡ください。